【レビュー】マック グラコロ 2019

2020年8月16日オタクが○○してみた

オタクがグラコロにかぶりついてみた。

今回は、私が人生で初めてマクドナルドのグラコロを食べた感想をまとめました。

そんなわけでぼくも食べてみました。

マックのグラコロ食べてみた

オタクはメシに弱い

オタクはメシの画像を毎日ツイートし続けないと罰せられるらしい。電車の写真も。あっ思い出した!アイドルと撮ったチェキをメシにブッ刺すオタクもいるね。

「本当か?」と思った方は、そこらへんのアイドルオタクのツイッターを漁ってみることをおすすめする。
とにかく、グラコロの食レポを真面目に書いたので、ぜひ読んでほしい。

グラコロの包み方は特殊。中身を、グラコロのグラを守るためだろうか、キャンディのような包み方が採用されている。
これはレギュラーメニューにない特徴だ。

つかみどころのない食感

一口かじった瞬間…脳裏によぎるのは、かのマクドナルドの謳い文句。
今年のグラコロは黄身たっぷり!濃厚!

毎年大変ご好評いただいております「グラコロ」が、今年は“もっと濃厚に”なって登場いたします。卵黄の風味がより豊かになったたまごソースと、よりスパイス感がアップしたコロッケソースの2つのソースのほか、バターを増やしてリッチになったふわふわの蒸しバンズ、そしてクリーミーなグラタンコロッケとの相性が抜群の商品です。

http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2019/1128a/

ただの謳い文句ではなく、真に黄身を感じるソース
グラコロ処女の僕にとって何より新鮮だったのは、普通のコロッケとは違う食感。言うなれば、これはクリームコロッケの食感だ。

………ん……??????………んん………。

噛みつくたびに溢れる中身、すぐ潰れてしまうコロッケの食感は、何ともつかみどころがない。つかみどころがないのだ。
これをどう表現すべきか…
もぐらたたきで、叩こうとしたモグラが先に引っ込んでしまったときの歯がゆさ、とでも言えば伝わるだろうか。

人生初のグラコロは、ハズレに終わってしまうのか!?!?!?!?

いや、心配は無用だ。
たった今感じたこの空虚を、欲に走る僕の歯を、弾力あるバンズがしっかり受け止めてくれる。マックの通常のハンバーガーと一線を画す、モチモチの生地だ。

、、、と!!ここで、グラタンからエビが顔を出した!!!!!
彼は、その食感を武器に自身の存在を全力アピール。これは嬉しいサプライズ!!!!

さらに、このグラタンと黄身のソースがもたらす淡白な味わいを補うのが、コロッケにかかるもう一つのソースだ。いわゆる中濃ソース。その酸味と淡白さが相まってはじめて、グラコロを食べる満足を享受できるのだ。

Fin.