【乱闘騒ぎ!?】身内のオフ会と化したRAINBOW Fes.レポート

2020年9月6日アイドル発掘記録

今回はニジマス、ナナニジ、虹コンの3組のアイドルが出演したRAINBOW Fes.のレポートをまとめました。ライブに参加した私の感想として、まれにみるくそげんばと称するにふさわしい現場でした

来場客の反応

客の民度が低い

このライブには3組のアイドルが出演しました。そのため、各出番が終わるたびにオタクの大移動が発生。客の前列と後列が入れ替わる際にトラブルが起きました。

ライブの司会を務めたでんぱ組相沢梨紗さんも困惑していました。今回のレインボーフェスで最も残念な出来事です。

オタクが騒ぎすぎでナンセンス

厄介オタクの騒ぎ方が度を越してたと思います。MCでよくいろんなアイドルにシーーッ!てやられてました。叫びすぎでしたね。

演者の話し声を遮ってしゃべるのは好ましくないですね。トークパートで何かしらのヤジを入れるとしたらアイドルがすべて話し終わったタイミングが1番です。

アニソンライブを見たあとの落差

このブログの管理人はクズなので、全く接点がないライブ同士を天秤にかけます。ご了承いただける方のみ続きをどうぞ。

実は、チケ代1万円のアニソンライブ、ANIMAX MUSIX 2019 YOKOHAMAが当ライブの約1週間前に開催されていました。

私もANIMAX MUSIXに参戦し、ライブとして初めて涙を流しました。ANIMAX MUSIXは僕の人生を変えたライブだと表現しても過言ではありません。

一方でレインボーフェスのチケットはANIMAX横浜の半額です。5,000円くらいでした。つまり私は今回のライブについて、アニソン現場からの落差を懸念していたのです。

私にとってレインボーフェスはチケ代の安い元地下アイドルの集まりでしかありませんでした。とは言いつつも、めったに会えない身内が参加することを理由にオフ会目的のような軽いノリで現場に向かいました。

結果として演者のパフォーマンスは決して悪いものではなく、人並みにライブを楽しむことができました。特に22/7(ナナニジ)の演出は見事でした。

22/7のレインボーフェス登場シーンの感想を下のリンク先に公開しています。

まとめ

演者が「静かにして」と注意したら静かにしましょう。

ライブ詳細

  • GIRLS GIRLS GIRLS presents RAINBOW Fes.
  • 会場:Veats Shibuya
  • 日時:2019年11月29日(金)
  • 出演アイドル(登場順):26時のマスカレイド、22/7(ナナブンノニジュウニ)、虹のコンキスタドール