【ANIMAX大トリ】南條愛乃と八木沼悟志がいれば、もう何もいらない。

2020年9月6日アニソンライブ・声優現場

横浜アリーナ遠景

大トリを飾ったfripSide

ーー2019年11月23日。横浜アリーナ。

ANIMAX MUSIX 2019の第二部。ブログ管理人のお目当てであったhalcaは、とっくの昔に出番を終えた。

もう一生見られないだろうとオタクのあいだで噂された、三森すずこと大橋彩香によるゆゆゆいコラボも終わった。またオーイシマサヨシは、このライブで初めてトロッコに乗った。

さあ、残すはあと1組だ。


会場内の
天の声

The FINAL artist is…

近くのオタク

もうこれしかないっしょ!

……

……

天の声

fripSide!!


「もうこれしかない」とは。そう。僕たちが待ち焦がれていたfripSideが、満を辞してANIMAX MUSIX 2019最後の出番に登場したのだ。

ブログ管理人の僕が初めて生で見たfripSide。ボーカル南條愛乃さん、八木沼悟志さん、そしてキーボード。この三種の神器がすべて同じ場所に集結し、この集団は並はずれた神々しさを帯びていた。そしてfripSideが追求し続ける、デジタルJ-POPの極致を僕は肌で感じた。

南條愛乃、八木沼悟志、キーボード。この3つが揃えば、僕はもう何もいらない。ほかの出演者、三森すずこも大橋彩香もオーイシマサヨシも、halcaも黒崎真音も、これを前にして誰も太刀打ちすることはできないのだ。

1曲目「Love with You」および2曲目「BLACKFOX」終了後、MCに入るまでに若干の空白の時間ができた。その際、客席からはいろいろな歓声が聞こえてきた。

オタク1

悟志ぃいいいいいい

その歓声のなかでも、特に「悟志」へのラブコールが目立つ。たまに変なヤジも飛んでたけど

オタク2

サトシぃいいいいいい

オタク3

へんたーーーーーーい

おいこらだれが変態だって????

南條愛乃

まだまだ声出せますかぁ!
……
もっと出せますかぁ!

トークパートに入ると、南條さんは1万人の聴衆を煽る煽る。たった一人で万単位の人間を動かすという大物らしさを見せつけた。

管理人からひとこと:
ぶっちゃけ、fripSideのアルバムのパッケージ見ても、笑ってる南條さんってほぼないじゃん?

あと、ぼくは彼女の代表作ラブライブのこと、あんま知らないのよ。

だからこそ、ライブで南條さんの笑顔見れたのはめちゃくちゃギャップ大きかったよ。微笑んでても神々しかったわ〜〜〜もう南條愛乃しか勝たんっ!

とある科学の超電磁砲メドレー

最後にはなんと、とある科学の超電磁砲メドレーを披露した。アニメの10周年を記念して全6曲、まず始めはsister’s noiseから。

前半に披露された曲とはまた違い、会場はクラブのような雰囲気に様変わりしてしまった。踊って騒いで夜を明かす、というクラブのイメージそのままの空気感だ。

大多数の観客は、ANIMAX MUSIX公式が告知したコール禁止レギュレーションを完全無視。とはいえこのライブでは、ステージの上のモニターに表示された文字を発するのは許されるらしい。fripSideのときなんも出てなかったけど。

モニターのイメージ
(コールが許される場合)

とにかく…おい!…おい!…おーFUFU!と、このようなコールが会場全体の結束を生み出した。ルールを破ったオタクたちが、かえって全体に良い影響を与えたのかもしれない。

レイルガンメドレーの最後は、みんな大好きonly my railgunで締めくくられた。無数のオレンジ・黄色のペンライトの群が非常に美しかった。素晴らしい景色を見せてくれて、本当にありがとう。俺は今までキャパシティ500人程度のライブハウスしか知らなかったからびっくりしたよ。ANIMAX MUSIX 2019は、ブログ管理人の人生に大きな衝撃を与えたライブとなった。

ライブ詳細

実は大トリに出てくる前に、前半第一部で名探偵コナン「恋はスリルショックサスペンス」を披露したfripSide。写真の左から2番目のsatは往年のコナンのパラパラダンスを聴衆に見せつけた
  • ANIMAX MUSIX 2019 YOKOHAMA
  • 2019年11月23日(土)
  • 横浜アリーナ

あわせて読みたい

第一部の少年サンデー60周年記念企画についてはこちら

ANIMAX MUSIX 2019 YOKOHAMA関連記事一覧