【高まりすぎて優勝】「優勝」というオタク用語の使い方を解説

2020年9月6日オタクが○○してみた

オタクが優勝してみた。

みなさんは、感極まったときに優勝するオタクを見たことはないでしょうか。今回は「優勝」というオタク用語の使い方を解説します。

非オタの優勝

こちらは、自他共に認めるプロブロガーであるマナブ(@manabubannai)さんの先日のツイートです。マナブさんがフォロワー20万人越えを誇る有名人であることから、たまたま僕の目に飛び込んできたものです。

競技として決められたルールのなかで勝利する。これこそが普遍的な「優勝」の定義とも言えます。マナブさんが趣味としてプレイするPUBGも広義的には競技と位置付けてしまって問題ないでしょう。

オタクの優勝

ライブに入り浸るオタクの場合は、優勝という単語を以下のように用いることが多いです。

高まる+優勝のセット構文

https://twitter.com/aiminooyatu/status/1200395983844073472?s=20
https://twitter.com/yukanosuke0315/status/1231789802145501184?s=21

サイト管理人が優勝してみた

私も立派なオタクです。先日に無事優勝しました。シンガーソングライターの大原ゆい子さんのライブで感極まりすぎて優勝です。本当にありがとうございました。

あわせて読みたい

大原ゆい子さんのワンマンライブ「今夜は夢を見る」で高まりすぎて優勝しました。こちらからライブのレポートと感想をお読みいただけます。