いま朝日奈央がアツいので解説します

2020年9月29日テレビ番組

https://www.instagram.com/p/B__yx7-Jwnr/?utm_source=ig_web_copy_link

ある日何気なく見ていたバラエティ番組の壮々たるメンバーのなかに、ひとり顔の白さが際立つタレントがいた。朝日奈央さんだ。顔芸と言わんばかりのオーバーリアクションな表情に私は惹きつけられた。

朝日奈央さんは井森美幸さんの「笑いをとれるアイドル」路線を踏襲し、ワイプに映れば手を叩いて笑いクイズに正解すれば踊り出す。面白い。そして見るとドキドキしてしまう。朝日さんがたまたまテレビに映るのを見るたびに私の目がチラチラ、チラチラと無意識に彼女を向くようになった。

いま朝日奈央がアツい。

今回は2019年からバラエティ番組を中心に出番が増加したタレント朝日奈央さんについて解説する。

朝日奈央さんの概要

朝日奈央さんは元アイドリングのメンバー。芸人のようなイメージをもつ人もいるかもしれないが、朝日さんはアイドル出身のタレントである。同じくアイドリングメンバーの菊池亜美さんと入れ替わるようにテレビ番組の出演本数が増加した。

バラエティでの活躍

私はこれまで無名のタレントがブレイクする経緯について考えたことがなかった。藤田ニコルさんやゆきぽよさんのように、いつも同じモデルが連日テレビに出ていても不思議に思わなかった。しかし朝日奈央さんに興味を抱くにつれ、彼女がバラエティ出演を増やしたのには必ず理由があるはずだと考えた。

朝日奈央さんのことをネットで調べていくにつれ、バラエティ出演が増加した背景にロジカルな理由が隠されていたと分かった。彼女がタレントとしていかに優秀かを知ることができた。

番組スタッフが人気タレントを「作っている」

バラエティ番組の演出スタッフが期待する、大きなリアクションや短くて的確なコメントを返すことができるタレントに需要が集まり、結果的にブレイクしていく。これはネットメディアにはないテレビ特有のブレイクの仕組みだ。詳しくは下のページで解説している。

「朝日奈央 人気」等のワードで検索すると、テレビ局のスタッフによる朝日さんの評判をまとめたニュース記事が見つかる。私が驚いたのは、視聴者目線の評判が全く書かれていないことだ。タレントはあくまでも番組スタッフあっての存在なのだ。

スタッフが求める使いやすさ

朝日奈央さんはアイドリング時代よりも多くのテレビ出演を果たしていることから分かるとおり、番組スタッフに発掘されて露出を増やした人気者だ。朝日さんはリアクション、コメント、さらに芸人からのイジリにも対応できる、芸能界のなかではひときわ優秀なタレントともいえるだろう。

今後のテレビで生き残る条件

リモート収録の増加

2020年4月に発令された緊急事態宣言によって、テレビ局は報道を除いて番組の収録が困難になった。2020年5月現在、一部の番組ではタレントの自宅からテレビ電話を用いたリモート収録が始まっている。

つまり最低限の人数以外のタレントは淘汰されることになる。とあるニュース記事では今後のバラエティ番組で消える可能性が高い芸能人が名指しで指摘されている。

演出スタッフがタレントに求める能力

私は芸能ニュースを読み漁り、リモート収録の波が来ても生き残る芸能人の条件をまとめた。

まず今までのバラエティで演出スタッフがタレントに求める能力は4つあると考えている。必要な能力順に並べた。

1.的確かつ簡潔にコメントする
2.大きく分かりやすいリアクションをとる
3.容姿が映える
4.キャラが濃い
5.MCやお笑い芸人からの天然イジリがあれば個性を生かせる

分かりやすく説明するためタレントの具体例を出す。

1.的確で短くコメント…池田美優さんなどモデル
2.大きく分かりやすいリアクション…朝日奈央さん
3.容姿が映える…広瀬アリスさんなど女優
4.キャラが濃い…田中みな実さん
5.天然イジリがあれば個性を生かせる…丸山桂里奈さん

一方でリモート収録がメジャーになるこれからの時代、いわば新型コロナウイルスと共に生きる「withコロナ」の時代において生き残るタレントの条件は3つある。

1.的確で短くコメントする
2.大きくて分かりやすいリアクションをとる
3.容姿が映える

項目4と5が消されている。つまり4「キャラが濃い」と5「天然イジリがあれば個性を生かせる」の能力しかないタレントはテレビに呼ばれなくなる可能性が高いということだ。リモート収録では音声が止まるトラブルやタイムラグが起こり得るために、テレビ的なイジリを繰り広げるのは難しくなりそうだ。MC頼みのボケ担当芸人やいじられキャラは苦しくなりそうだ。今後は項目1、2、3の複数の能力をウリにする演者に需要が集まる。

朝日奈央さんは生き残るか?

朝日奈央さんが今後も生き残るか否か。その鍵はテレビ番組のスタッフが握っている。私は朝日さんに生き残ってほしいと思っているが実際にはどうしようもない。SNSで彼女を応援するか、祈るかしかない。テレビには高評価ボタンもいいねもリツイートもない。番組スタッフが今後も朝日さんを番組に呼びたいと思うか、思わないかが大切なのだ。

私が箇条書きでまとめた「タレントに求められる能力」をもとに、朝日さんがリモート収録の波にも対応できるか考察する。

私は記事の前半で「リアクション、コメント、さらに芸人からのイジリにも対応できる」と書いた。私がテレビで見た印象と、芸能ニュースに載っているスタッフの評判を基にしたものだ。

しかし私が示した「withコロナのバラエティで生き残る3つの条件」を見るに、朝日奈央さんがリアクション要員およびいじられキャラとしてテレビに呼ばれる可能性は減ると考えられる。

残るはコメント力だ。朝日さんが番組スタッフから「コメント力のあるタレント」として認知されていれば、これからもバラエティ番組で彼女の姿を見ることができるだろう。withコロナの時代にもぜひ朝日奈央さんには生き残って欲しい。