フワちゃんにみるゼロから仕事を作り出す方法【売れっ子芸能人にみる人生の教訓】

2020年11月5日売れっ子芸能人から学ぶ人生の教訓

芸人やタレントの振る舞い方から人生の教訓を引き出す「売れっ子芸能人にみる人生の教訓」シリーズ。第4回はYouTuberのフワちゃんについて解説する。

フワちゃんの強み

https://twitter.com/fuwa876/status/1279683515521495040?s=21

フワちゃんはYouTuber兼タレント。カメラアプリやSNSを使いこなし、持ち前の明るさで多数の芸能人を巻き込んだ。フワちゃんの強みはゼロから企画を考えて仕事に結びつけることにあると思う。

リモート収録の出演が増加して以降は番組スタッフから「自ら企画を持ち込んでくる」「YouTube出身だからカメラを使った見せ方が上手い」と評判になったそうだ。

フワちゃんは、オファーを受けた仕事をこなすだけでなく企画を提案することもできる。仕事とは誰かに与えられるものではなく自ら作るもの。ビジネス書を読むと1度は目にする言葉ではないだろうか。フワちゃんのように、自分から番組に企画を売り込むのも仕事を作ることに含まれるだろう。

フワちゃんに学ぶ教訓

良いものがなければ自分で作ればいい。プランAやプランBで仕事がうまくいかなければ、新たなプランCを提案しよう。

また、普段よく見るYouTubeチャンネルにアクセスして「〇〇がxxしてみた」というタイトルの投稿を観察してみよう。企画を考えることが意外と簡単だと気づくはずだ。

あわせて読みたい

関連記事

芸人やタレントの振る舞い方から人生の教訓を引き出す「売れっ子芸能人にみる人生の教訓」シリーズ。すべての記事は下のリンクから読むことができる。

「売れっ子芸能人にみる人生の教訓」シリーズ一覧

関連記事(外部リンク)

こちらは芸能ニュースの記事。リモート収録で求められるタレントの条件について触れられている。

‪リモート収録で進む「使える・使えない」選別、リストラされる“ひな壇”は誰? | 週刊女性PRIME‬