関越道の120キロ引き上げを阻むのは交通量の多さ?

2020年9月16日高速道路事情

高速道路の120キロ引き上げについてドライバー目線で考察するシリーズ。すべての記事を確認できる一覧ページはこちら。

警察庁は2020年7月22日、東北道や常磐道、新東名などの規制速度を最高120キロまで引き上げる方針を決めた。ちなみに関越道の設計速度120キロ区間は埼玉県の川越IC – 群馬県の渋川伊香保ICまでの約82キロ。しかし関越道は120キロ予定区間に含まれていない。

関越道の最高速度引き上げを阻んでいるのは一部区間の交通量の多さだと考えられる。

2015年の道路交通センサスによると、大泉JCT(東京都) – 東松山IC(埼玉県)区間の24時間交通量は94,660台から102,355台。圏央道と繋がる鶴ヶ島JCTが含まれている。120キロ予定区間である東北道の対象区間よりも交通量が多い。

速度引き上げの最大の目的は実勢速度と標識速度との乖離を小さくすることなのだが、交通量が多いがゆえに関越道における速度の引き上げに大きなメリットがないものと考えられる。

一方、東松山IC(埼玉県) – 渋川伊香保IC(群馬県)区間は全区間で86,000台を下回る。今後120キロ引き上げが検討されるとなれば、東松山ICから途中の前橋ICまでの6車線区間を対象にするのが理にかなっている。

参考:高速道路の謎。関越道に最高速度120km予定区間がない!東関道や常磐道もあるのに… « 日刊SPA!