内田真礼『ギミー!レボリューション』がアツいので解説します

2020年10月26日推しアーティスト紹介

『ギミー!レボリューション』はTVアニメ『俺、ツインテールになります。』のオープニング曲である。歌は声優の内田真礼さんが担当する。

内田真礼さんのエネルギッシュな歌声と「すー、はー、」というサービスボイス、エモいコードとアップテンポが組み合わさる。

毎回『ギミー!レボリューション』を聴くたびに胸が熱くなる。そして、カラオケでは周りが見えなくなってしまうほど熱中して歌ってしまう。今回は『ギミー!レボリューション』の魅力を作曲者の田淵智也さんに注目しながら解説していく。

ギミー!レボリューションのここがアツい

その1:Aメロのコード進行が綺麗

ギミー!レボリューションには、Aメロから非常にエモーショナルなコード進行が使われている。

「コード進行」という用語がピンとこない方のために説明を加えたい。コード進行とは、コードの音階を1つずつ変化させることで曲に浮遊感を与える手法をいう。ぜひ一度ギミーレボリューションを聴いて、フワっとした曲調の変化を味わってほしい。

その2:サビのアップテンポが熱い

『ギミー!レボリューション』を作曲した田淵智也さんは、サビで飛び跳ねたくなるようなアップテンポを採用する傾向にある。

知り合いの声優オタクは、アニソンクラブDJなどのイベントで田淵さんの曲が流れるとサビでガンガン飛び跳ねる。マサイ族のように垂直にジャンプするのが習慣になっているらしい。彼らは田淵智也さんのことを「田淵・マサイ・智也」と呼んで敬愛しているようだ。

ほかに『Catch the Moment (LiSA) 』、『シュガーソングとビターステップ (UNISON SQUARE GARDEN) 』、『Smiling Spiral (内田真礼) 』も田淵智也さんの作曲だ。ギミーレボリューションとあわせてチェックすると良いだろう。

ギミー!レボリューションを聴いてみよう

『ギミー!レボリューション』は内田真礼さんの人気曲のうちの1つ。アニメソングに興味がないというそこのあなたも、教養がてらこの曲を聴いてみてはいかがだろうか。あなたの趣味がもっともっと広がることを願っている。

あわせて読みたい

田淵智也さんが作曲を手掛けたLiSA『Catch the Moment』がテレビ朝日系列『アニメソング総選挙』のアニソンベスト30に選ばれた。