中央道の120キロ引き上げを阻むのは慢性的な渋滞?

高速道路事情

高速道路の120キロ引き上げについてドライバー目線で考察するシリーズ。すべての記事を確認できる一覧ページはこちら。

警察庁は2020年7月22日、東北道や常磐道、新東名などの規制速度を最高で120キロにまで引き上げる方針を決めた。中央道の設計速度120キロ区間は東京都の八王子IC – 三鷹料金所の約21.8km。しかし中央道は120キロ引き上げ対象道路に含まれていない。

中央道の120キロ緩和を阻むものは、東京都区間の慢性的な渋滞にあると思われる。

120キロ走行を想定して設計された八王子 – 三鷹区間は24時間交通量が10万台を超えており、スムーズに走行できるキャパシティをオーバーしてしまっている。同じくらいの交通量を誇る関越道や東名が6車線以上なのに対し、中央道は4車線しかない。

最高速度を100キロから120キロに緩和するからには、リアルの実勢速度が100キロを上回っていないと意味がない。交通量が多いがゆえに、中央道の速度を引き上げても大きなメリットがないものと考えられる。確かに、中央道の三鷹 – 八王子区間を120キロで走行するどころか、現行の100キロで走るのも難しいのではないだろうか。