友達は不要不急の存在なのか?

頭の体操

友達とは、いわば不要不急の人間関係だ。そう思い知らされたエピソードを紹介したいと思う。

モネの庭さんによる写真ACからの写真

先日、友人とある公園を散策していたときのこと。彼は不思議な形の石像を見つけた。上の写真はあくまでもイメージ画像なのであしからず。

友達

このオブジェ、もうアレにしか見えないw

ぼく

おちxxじゃん

友達

(声に出して)言うなってw

実際にはイカを模したオブジェなのだが、私と友人にはパッと見でおちxxに見えてしまったようだ。こんなくだらない会話ができる友達と、生涯であと何人出会えるだろうか

ちなみに、チャンネル登録100万人を突破したYouTube講演家の鴨頭嘉人さんは、友達を「会う理由がないけど会う人」と定義している。

仕事のように、利害関係で結ばれている人間関係は友達というよりむしろ「仲間」と呼ぶほうが適切だろう。

不要不急な人間関係=友人と、生涯でどれだけ出会えるだろうか。FacebookやInstagramなどのSNSを最大限に活用して出会いの場を増やし、人としての信用を積み重ねていきたい。