東関東道が最高速度引き上げへ!120キロで走行する際の注意点を解説

高速道路事情

高速道路の最高速度引き上げについてドライバー目線で考察するシリーズ。すべての記事を確認できる一覧ページはこちら。

2020年7月現在、東関東自動車道の千葉北IC (千葉県) – 成田JCT (千葉県) の約26キロが120キロ引き上げ候補に指定されている。

酒々井PA

2015年の道路交通センサスによると、千葉北から成田までの区間の24時間交通量は30,000台〜79,500台ほど。この区間の設計速度は120キロで、上下線を合わせた車線数は6車線。

以上のステータスを考えると、東関東道の120キロ引き上げは現実味を帯びてくるだろう。あとは一般に公開されていないと思しき実勢速度や死傷率などのデータをもとに、警察庁が速度引き上げを決定する。

次に、東関東道の最高速度が120キロに引き上げられたら気をつけるべきことは接続道路との最高速度の差である。

道路最高速度
京葉道路
東京方面(船橋IC – 宮野木JCT)
60km/h
京葉道路
蘇我方面(宮野木JCT – 穴川IC)
60km/h
新空港道(成田JCT – 新空港IC)100km/h
圏央道(久喜白岡JCT – 大栄JCT)70km/h

東関東道は宮野木JCTで京葉道路、成田JCTで新空港道、大栄JCTで圏央道と繋がっている。京葉道路の最高速度は60〜80キロ、新空港道の最高速度は全区間100キロ、圏央道の最高速度は70〜80キロである。

最高速度が120キロに引き上げられるのは、あくまでも東関東道だけ。他の有料道路に乗り移る際はジャンクションでしっかりと速度を落とし、スピード感覚を正常に戻すと安心だ。