虹のコンキスタドールが無理だった話

2020年11月5日推しアーティスト紹介

虹のコンキスタドールが無理だった話をします。

虹のコンキスタドールについて

虹のコンキスタドールってユニット知ってますか?かの「でんぱ組.inc」と同じ事務所のアイドルです。普段はアニソンや声優の曲を多く聴いている僕ですが、偶然この虹のコンキスタドールを広告で見かけました。音楽については多趣味なので、Apple Musicで一通りちゃんと聴いてきました。タワーレコードのミニライブにも行きました。そしたらマジで無理だった。無理だったといっても、好きすぎて「無理」だった。

ごめん。ぼくの好みとドンピシャだった。曲を聴いただけで神経が異常に興奮するので体が受け付けない、という意味で好きすぎて「無理」だった。虹のコンキスタドールって古典的なアイドルなんですよ。純粋なかわいさや「好き」を追いかけるタイプの。とくに夏にピッタリな曲を大量に出すのが強み。秋元康プロデュースのアイドルでいえば、乃木坂46や欅坂46ではなくAKB48みたいな。アイドルの元祖を感じるんですよ。音楽もパフォーマンスも、アイドルらしい純粋なかわいさとキャピキャピ感を備えてるんです。そこが好きすぎて無理だった。

あんまり無理なもんだから、つい「虹のコンキスタドールのメンバーと僕」という組み合わせで様々なシチュエーションを考えてみた。

虹のコンキスタドールが高校の同級生だったら

少人数グループで話し合う時間が来て、同じグループになった的場華鈴さん(虹コンリーダー)がグループ一人ひとりに話しかけるんです。「じゃあ〇〇はどう?」ってみんなに意見を言う機会をくれる。僕はリーダー気質の人にすごく興味があって、彼女の言動や表情を食い入るように観察するの。そしたら授業終わって、右隣の中村朱里さんが「さっきの時間さぁ、的場さんに話しかけられてさぁ、喜んでたんでしょう??」ってからかってくる。その場では僕は冷静に「いや、リーダー気質の人の心理に興味があって、」とか答える。けど家に帰ると、同じグループだった的場さんの笑顔を思い出して強烈に燃える、いや萌えるんです。好きな人と離れてる時間のほうが気持ちが燃え上がる、ってよくありますよね?僕は虹のコンキスタドールのメンバーと話したことで(ああ、生きてるっていいな!!)(また明日も学校行こっと!!)とか思いながら顔を真っ赤にして部屋中のたうちまわるわけ。もう、、考えただけで興奮する!

虹のコンキスタドールが大学のゼミ仲間だったら

まぁぼくは理工系の大学生なので、ゼミなんかないんですけどねwwとにかく、メンバーが当然のように海に誘ってくれるわけですよ。夏に海行きたいって…そういうのベタなんだよなぁ。でも、虹のコンキスタドールは古典的なアイドルで夏が大好きなので、誘ってくれるわけです。で、海行くじゃないですか。ビーチで寝そべったりするんですよ。かと思えば、みんながぼくの方を一心に、まじまじと見るんです。普段なら彼女らはアイドルなんで、「あれ!?俺って推されてね?」となるところなんですが、このシチュエーションではゼミ仲間。「俺のこと意識してんじゃね?」でいいですね。そして波打ち際でイチャついたり、砂浜に顔を埋めたり埋められたり…ゲイン上げてアツアツなサマーをエンジョイすると。想像するだけで楽しいですね!このアイドルは、人を楽しい気持ちにする魔法をかけてくれるんです。そういうところが好きなんだよ虹のコンキスタドールの!

とにかく、虹のコンキスタドールが僕たちにたくさんの価値を与えてくれてる、という事実がもう無理だった。彼女らのツイートには毎日大量のリプライが届く。一般人の僕たちが「おにぎり食べたー」とか「休憩中*\(^o^)/*」とか「今年の夏は私にしませんか?」とか写真付きでツイートしたところで、彼女らに匹敵する量のリプが来ると思いますか?来るわけないんですよ。それだけ、虹のコンキスタドールが僕たちオタクに普段から元気をくれてるってわけ。つまり、虹のコンキスタドールと虹のコンキスタドールがいいと思えるぼくたち「虹コン大好きマン」は最高だ!!

虹のコンキスタドールの関連記事一覧